電磁波過敏

日本では議論されない「5Gネットワーク」はどこまで安全なのか?

今現在、次世代の通信技術として5Gが世界で注目を集めていますが、そのシステムを支える基地局や通信衛星から発生する強力な電磁波による人体の健康被害についての不安は日本ではほとんど触れられることはありません。

欧米では各方面からの問題提起もあり、従来の電磁波被曝の問題と同様に5Gの安全性については慎重な見方もされてきています。

すでに自動車の自動運転やドローンの商用利用などが先行しているアメリカ国内では、5G対応の基地局など通信企業による投資が急拡大しつつあるのです。

次世代の通信技術としての5G技術が広範な軍事技術にも関連することもあって、アメリカとしても台頭してくる中国に遅れをとることは許されない核心的技術分野であることに間違いはないはずですが、運用面ではすでに中国に質量共に先行されている状況にあります。

そうした焦りもあってか、経済面だけがなおさら優先されてしまって5G運用時のリスクについては見落とされがちですが、検証もなく早急な5Gシステムへの移行は後々思わぬ事態をも招く危険性はないとは云えません。

5Gシステムの利便性だけが表だって報道されがちであり、ここでは健康リスクについては意図的に無視続けたままというのが現状のようです。

アメリカの国立衛生研究所(NIH)がすでに10年の時間と3億ドルの巨費を投じて実証実験を繰り返した結果では、人工的な電磁波がガンの誘発や心臓、脳へ悪影響をもたらすことが公表されていることは欧米社会では一般に知られていることです。

世界の著名な科学達も5Gシステムが健康被害をもたらす可能性のあるとして、すでに警鐘を鳴らしてもいるわけで、専門的分野で研究する41ヶ国の科学者235人が、「International EMF Scientist Appeal(電磁波と無線技術に関する国際科学者の申し立て)に署名しています。

電磁波過敏症対策

かっての1960年代の「米ソ冷戦時代」においてさえ、敵対するアメリカとソ連は電磁波(放射線)を照射する兵器開発の研究を行っていました。
事実そうした研究を反映してソ連では電子レンジが健康に害があるとして、一時期家庭内での使用が禁じられていたほどです。

それさえも利便性と経済優先の政策によって、いつの間にか有耶無耶にされてしまったのです。

いまもまた経済第一主義のまま5Gの普及が優先され、さらには米中間の経済戦争や軍事的対立が深刻化するに従って、いよいよ両国にとっての覇権争いの焦点ともなりつつあります。

とにかく経済戦略として5Gシステムによるネットワーク構築は、世界中で最優先事業としての位置付けがされていることになります。

日本もそうした流れは同様であって、米中の先進技術を導入することで国内での5Gシステム対応の基地局を各携帯電話会社も増設しつつあります。

ここで知っておかなくてはならないことは、5Gシステムの運用時には従来のものと比較にならないほど強力な電磁波が常時放出され続けるという事実です。


電磁波攻撃対策 それこそ連携する基地局そのものも、都市部を中心にいままで以上に密に設置する必要があって、今後日本国内でも数十万カ所に5Gシステムの基地局が設置されることになります。

さらに5Gシステム運用には膨大な数の通信衛星が打ち上げられることになります。

それは実際に地球表面を覆い尽くすような規模のネットワークを構築するのであって、四六時中膨大な(電磁波)電波が雨のように地上に降り注いでくることになるわけです。
一般の生活環境中でこうした電波放射源が中継局などとして設置され、ミリ波帯の電波が照射されるといった状況はこれまでにはなかったことなのです。まさに人類にとっては未知の領域であるとも云えます。

しかも今後のインフラ整備としては車両の自動運転などでは、レーダー(車載・歩道)による電磁波被曝はさらに増大することになります。

つまり都市部であろうと農村部であろうと5Gシステムが全国規模、あるいは全地球規模で展開することになるわけです。

これはいままでにない未曾有の電磁波環境が出現することになります。

それこそ人工の電磁波の網がすっぽりと地球全体を包み込んでしまうわけですから、これに地上に住む人体がまったく無反応で済まされるとは到底考えられません。

欧米では電磁波環境でもっとも関心が持たれることは、妊婦や成長期の児童への影響です。携帯電話の使用についても一定の制限さえなされています。
イギリス、ロシア、フランスは十六歳未満の使用は控えるように勧告されていますし、ドイツ、イスラエル、ベルギーでは子供の携帯電話の使用を制限していますが、日本ではそうした海外の情報にさえ無関心です。

そこにきていきなり5Gシステムの登場ですから、それこそ何をか言わんやという感じです。

あらゆうる場所でそうした目に見えない電磁波の暴露を否応なく受け続けることになるわけですが、これに対する反対意見はいまのところ日本ではほとんど耳にしませんし報道もされません。誰もが無関心と云うことなのです。

次世代の5Gシステムそのものは現行の4G通信の数百倍の速度とされ、その飛躍的な情報処理能力からみても利便性と経済面では格段に優れているのは確かです。
5Gシステムでは、これまでの4Gとは全く異なる先駆的な技術を使用することになります。

通信衛星から500万㎾もの電磁波エネルギが地上の中継局に照射されるということは、同時に地上で生活する人々もその強力な電磁波をまともに浴びることになります。

5Gシステムで使われる電磁波(電波)は、電磁波自体か直進するため元々は軍事利用として実験試行されていた「超高周波・ミリ波」帯のものであって、地上の建物などの構造物に吸収され易い特性があることから、そのままでは広範囲の通信電波としては使いにくいものとされていました。

これをカバーするために、中継局や基地局はこれまで以上に間隔を狭めて多数箇所設置しなくてはならなくなりました。

電磁波攻撃対策 これが結果的には高密度でより強力な浸透力を増した電磁波が必要とされる理由であって、地上の住民は無防備なままに否応なくこうした電磁波に暴露されてしまう環境に置かれてしまうことになります。

もとよりこの種の電磁波(電波)そのものは目には見えませんから、通常の感覚では捉えられることはありません。目に見えないからすべて安全というわけでもありません。

電磁波も物理的エネギーを増大していけば、より放射線領域に近づいていきます。もとより放射線は物理的には電磁波の範疇なのです。

5Gシステムの電磁波暴露が何の影響もないとは云いきれないのであれば、電磁波に違和感を感じる方は自衛するしか方法はありません。

それこそ電磁波に違和感を感じる方はほんの少数の人々です。少数派だからこそ、まともに認知されない部分もあります。 イスラエルのアリエル大学で物理学を教えるベン・イシャイ博士によると、人間の肌は5Gの放射線に対して一種の受容体として作用し、アンテナのように放射線を吸収してしまうのだといいます。

特に人体の髪の毛はその形状と細さから、電磁波をアンテナのように受けてしまうと云う説もあります。

だとすると大量の電磁波に人体が被曝すれば、結果的には何らかの健康被害が懸念されることにもなります。

しかしながら、たとえそのような状況が発現してきたとしても、多くの人は一体何が起こっているのか全く気が付かないはずです。

日常的に使われるスマホやデバイスの接続環境が改善されて、しかもより高速で大量の情報がやり取りできる技術的革新そのものには多くの人が満足するのかも知れません。

しかしながらそうした利便性の一方では、人々の健康をや生活環境を悪化させる懸念があることだけはしっかりと頭に入れておくべきです。


東洋医学史研究会発行書籍

「治療家・セラピストのための生体経絡・生気論」


「戦国日本人奴隷貿易の真相とキリシタン弾圧の背景」ノンフィクション


「時代小説短編集・憑依(つく)


「天魔王信長の野望を打ち砕く我が武略に勝算あり」


「徐福渡来伝説を検証する」古代史ドキュメント


「おいしいりょうりをつくろう」電子絵本シリーズ


「こわいおばけがでたぞ!」電子絵本シリーズ



SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

最新情報&更新情報

参考文献

ページトップに戻る

inserted by FC2 system