「こころの休憩室」


生命の根源には「気」が関わっている?!

地方限定:大阪弁バージョン

あるとき一人の老人が通り雨にあい人家の軒下で雨宿りしとると、その傾きか けた粗末な家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきたちうわけや。

覗いてみると、母親がボウズの枕元でうずくまるようにして泣いとるではおまへんか。 老人は思わず声を掛けたちうわけや。

外からの突然の声に女は驚いて泣きはらした顔を上げたちうわけや。老人は静かに語りかけ たちうわけや。
優しそうな老人の言葉に母親は気を許して事の次第を話はじめたちうわけや。

母親の話によると、ボウズの病状が一昨日より急に悪くなり、診てもろた医者は もう手の施しようがないと言って帰ってしもたちう。

ボウズの意識は無く命はいくばくもない様子で、もう死を待つばかりだと言って母親は泣き崩れたちうわけや。

老人は気の毒に思い、オノレは医術の心得がある、このまんま見過ごすにはどうしても心残りやから、オノレにボウズの脈をとらせてはもらえまいかと言うわ。

老人は一通り子の脈を診ると、母親に父親の所在を尋ねたちうわけや。この子の父親は既に 亡く、本日この時まで母一人子一人で暮らしてきたちう。

老人はその答えに頷くと次のように言ったちうわけや。

やはりこの子の命は絶えそうであるちうわけや。そもそもの原因はこの子が母親の陰の気だ けを受けて育てられ、父親の陽の気に包まれなかったことによるちうわけや。そのため体内の 陰陽の調和がとれなくなりよったのや。一刻の猶予もない

 ほんで老人は母親に起死回生の妙法を教えたちうわけや。母親は、ボウズの命が助かるかもし れへんと知って、老人の言うとおりに村中にある若衆宿へ直ちに掛けていったちうわけや。

ほんでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活しており、そう広くもな い部屋の中は若者たちの熱気で溢れかえっとった。

母親はその部屋に駆け込むと、若者たちが遊んでいた将棋の駒をひったくるよう にして掴み取ると、すぐさま家にとって返したちうわけや。

その将棋の駒を土瓶で煎じてボウズに飲ませたトコ、生死を彷徨っとったボウズは 奇蹟的回復をみたさかいあったちうわけや。──

ここに登場する老人こそ、朝鮮医学の集大成ともいうべき医学書『東医宝鑑』を17世紀初頭に編纂した名医許俊その人やった。許俊ちう人物は家庭的には決 して恵まれた環境で育ったわけではなかったちうわけや。

なんちうか、ようみなはんいわはるとこの妾腹の子であり、苦学して医を志したさかいあるちうわけや。逸話にもそうした許俊 自身の幼少時の境涯が反映されとるのかも知れへん。

なんや馬鹿馬鹿しい、荒唐無稽の作り話ではおまへんかと思われる向きもあろうわ。


実 はこれによく似た名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるのや。

東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらなくなり、次第に衰弱していった ことがあったちうわけや。


方々手を尽くしたがどうしても病状が良くならへんので父親が心配して、名医として名の聞こえた華佗のもとを遠路訪ねてきたちうわけや。

華佗は一通り病状と経過を聞くと、父親に向かってねちっこく説明し始めたちうわけや。

その子の母親は次の子をすでに妊娠しとるはずや。そのために母乳中に本来含 まれとるはずの母親の陽の気が、おなかの胎児を養うのにようけが吸収されてしまい、その母乳はボウズを養うには不十分な冷たい陰の気に偏ってしまっとるのや。
やからその子がいまのまんま陰の気が充満した冷たい母乳を飲んでいる限り、この病 は回復せんやろう
」と、明解な病理、病機を示したちう。



中国には「名医、棺を返す」と言うような名言があるらしいちうわけや。


これは名医ちう ものは死人さえも生き返らせるのだ、といったニュアンスのものかと思うが、扁鵲 がそうであろうし、唐時代の孫思邈(五八一~六八二)の伝にも、これにぴったり 当てはまるような話が残されとる。

son.jpg


孫思邈はある日、往診の帰りに棺を担いでいく行列と遭遇したちうわけや。よく見るとその 棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちとるではおまへんか。


不審に思った孫思邈は行 列に泣きながら付いていく老婆に、いつ亡くなりよったのかを尋ねたちうわけや。
 
孫思邈が医者であることが分かると、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産で きんと数時間前に死んでしもたとええ、泣きながらどうか生き返らせてくれと懇 願したちうわけや。

棺の蓋を開けさせると、中の若い婦人はすでに血の気が退いて顔色は蝋のようで あったちうわけや。脈をとってみると、かすかに触れてくるではおまへんか。  


孫思邈はまだ望みがあると思い、素早く鍼を取り出し経穴を定めて打ったちうわけや。
しばらくすると妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきたちうわけや。

脈が強くなるとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」ちう産声 が聞こえ赤ん坊が生まれたさかいあるちうわけや。この成り行きには、周りの人々も驚き大歓声 を上げたちうわけや。
何と名医孫思邈は鍼一本で母子二人の命を救ったさかいあるちうわけや。

このように孫思邈は名医としての誉れ高く、今でも中国では仁術を身をもって示した医者として尊敬を集めとる。


東洋医学史研究会ではグループ内で代替医療関係の情報を提供いたしております。


TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 1998-2016 - DENJIBAN - All Rights Reserved

inserted by FC2 system