「こころの休憩室」


「九州から戦国・本能寺の変を考える」いよいよ佳境に迫る!?

信長の首実検ならず!

光秀は、何故僅かな手勢で戦略なき無謀な負け戦に手を掛けたのか?

戦国時代に引き起こされた本能寺の変は、まさに突発的な大事件であった。

その首謀者である明智光秀についてもこれまで数多くの説が立てられ論じられてきたが、九州から遠く離れた京の都において展開されたこの事件の本質と謎について今回新たな挑戦を試みてみた。

光秀の戦略の狙いはどこにあったのか?

本能寺の変は、意外にも信長の覇権をめぐって九州の豪商の思惑が少なからず絡んでいた。

それが、この事件とどう繋がっていたのか?

このとき信長は、奇しくも盟友家康の暗殺を本当に企んでいたのか?

本能寺襲撃のその意外な展開とは

本能寺の変において、何故に織田信長の遺骸が発見出来なかったのかが大きな謎である。

本能寺は明智勢の急襲によってその建物(伽藍というべきか)はすべて焼け落ちたのである。

明智勢が火を掛けたというよりは、むしろこの火災自体は信長の意思によって己の遺骸を焼かせたということも考えられる。

信長が葬った松永弾正と同様に、己の最後においてついには自爆して果てたとでもいえようか。

戦国の武将にとって首を取られ晒されることは恥辱以外の何物でもなかったはずであり、このときの信長が遺骸の痕跡を残さぬよう火中に自ら身を投じたとしても何ら可笑しくはなかった。

事件直後、焼け落ちた本能寺の検分が行われた。

ところが明智勢がいくら本能寺の焼跡を精査してみても肝心の信長の遺骸は一片も発見できなかった。

火炎がよほど強かったのか、すべてが焼き尽くされた状態であっていくら探しても信長の遺骸は最後まで見つからなかったのである。

検分を指揮した光秀らは、この時点で非常な戸惑いと焦りとを覚えたことであろう。

敵将の首実検無くしては、その勝敗の決着はつきかねるのが本来の武家の習いである。

実際に信長の首級か遺骸そのものを確認しないことには、彼の戦略的展開がここで躓きかねないところである。

結果的に光秀は、この時点で決定的な信長の首実検が出来なかったということになる。

穿った見方をすれば、光秀はここでとにかくそれらしい遺骸を信長のそれに仕立てあげてみせるといった野心的手段をとるような強かさを演じてみせてもよかったはずである。

それこそ光秀という武将は、もとより秀吉のようなはったりを噛ませるような機転は持ち合わせてはいなかったわけで、そこらは彼本来の行政官的性格が出ているのであろう。

逆に秀吉は、事件直後に信長が無事逃げおおせたというような偽の情報を流して巧妙な撹乱工作を行っていた。

この差は最後まで埋められないのである。

では何故に、肝心の織田信長の遺骸が本能寺焼け跡から発見できなかったのであろうか?

通常であれば、焼死体は木造家屋の焼け跡からは発見できるものである。

発見できなかったということは、状況によってはその場所から信長が外部に脱出していたのではかということになる。

明智勢の包囲から信長が逃げおおせたということであれば、本能寺にはそうした外部へ通じる抜け道があったのかという疑問も出てくる。

もとより本能寺自体にそうした工夫があったのであれば、京都周辺を軍事的に統括する織田家重臣の光秀が感知していなかったはずがない。

それでも信長の遺骸が見つけだすことが出来なかったとなると、ここは別の観点に立たざるを得ない。

信長の遺骸が燃え尽きるような特別な条件がその場にあったということである。

何らかの高温可燃物の存在が疑われることとなる。

まず考えられることは、従来より本能寺内には鉄砲の火薬生成に使われる硝煙や火薬の備蓄設備があったということである。

よく知られていることであるが、本能寺は鉄砲伝来時に種子島の末寺からもっとも早くにその情報が入って来たこともあって、ここではその鉄砲に必要な火薬の生成と備蓄が行われていた。

本能寺は当初この地での火薬生成の拠点でもあった。

その生成の過程で火薬の原材料である燃焼し易い硝薬や硫黄が床下にこぼれ落ちていた可能性とて考えられる。

本能寺が城塞に近い構造を持っていたのであれば、火薬備蓄用の倉庫、ないしは地下蔵があったということである。

これらに火がつけばたちまち爆発炎上する。
そうなると通常の火災とは比較にならないほどの高温が発生し、隣接する建物は激しく燃え上がることになる。

当然のことであるが、そうした高温にさらされた遺骸は形が残らないほどに完全に燃え尽きてしまう。

あるいは本能寺の火災が火薬の備蓄されている施設に燃え移って爆発炎上してしまった可能性もここでは考えられる。

信長の遺骸は爆発によって木端微塵に吹き飛ばされたということになる。
本能寺の炎上に伴って、大きな火柱の上がる爆発があったともいう。

どちらにしてもここでは本能寺内の火薬の存在が、もっともその重要な要因となりうることになる。

ここで思い出すのが、歴史家故八切氏の説である。
八切氏がいう「本能寺の出火は、どこかのキリシタン大名からの鉄砲攻撃によって、地下の火薬庫が爆発したもの」という異説である。


nanban821












さらには、信長を殺害したのはイエズス会のキリスト教徒たちで、しかも信長が滞在する本能寺に南蛮渡来の新式火薬で作った爆弾を本能寺から90メートルという至近距離にあった「南蛮寺(サンタ・マリア寺)」の展望台から打ち込んで、本能寺を跡形なく焼失させたという驚きの説を残している。

まるでロケット砲攻撃そのものである。

さらにこれでいくと本能寺信長襲撃は、明智勢とイエズス会南蛮寺とが共謀した作戦ということになってくる。

随分と飛躍した説であるが、イエズス会そのものは一種の軍事組織であり、かっては信長の軍事顧問的働きをしてみせていただけに、十分あり得る話であってそれなりに信ぴょう性があるといえる。

イエズス会が京都布教の拠点として四条坊門姥柳(うばやぎ)町(現在の中京区蛸薬師室町西入ル)に天正6年(1578)建立されたもので、3階建ての寺は「昇天の聖母の会堂」ともいわれ当時は本能寺に隣接していた。


ここでは本能寺を直接ロケット攻撃したとまで飛躍させなくとも、隣接する南蛮寺から何らかの隧道(トンネル)を掘っていたと考えた方がより合理的である。

ロケット砲攻撃だと、あまりにも露骨過ぎるであろう。

南蛮寺からであれば、密かに本能寺の真下まで隧道を掘り進めることはきわめて容易であったろう。

しかもその隧道を使って本能寺の真下に大量の火薬をこっそり仕掛けていたと考えた方が、さらに信ぴょう性が増す。

その背景としてはすでに本能寺の事件当時には、反キリシタンへと変貌していた信長へのイエズス会の評価そのものは手厳しいものがあった。

イエズス会による軍事的情報の提供と経済的支援によって軍事的に大きく台頭した信長が、ここでイエズス会から距離を置き始めていたことは、彼らから見れば裏切りに近いものであった。


当時のイエズス会は常に日本国内の軍事バランスに目を配っていた。

それもかれらの戦略に迎合する大名に力を貸していただけではなく、重要な軍需品であった火薬の供給を自在にコントロールしていたし、その最大の恩恵を受けてきたのが織田信長に他ならなかった。


後年、徳川幕府によるキリシタン弾圧が本格化しつつあるとき、イエズス会内部の書簡にははっきりと日本国内の内乱を期待する記述が示されているものがある。

1618年10月16日付け日本発、ヴィエイラの総長あて書簡がそれである。
神はこのキリスト教会を救う方法を無数にご存知である。
中でも最も容易な方法は暴君の生命を奪うことである。そうすれば日本中が内乱になり、領主たちは皆天下人になるのを望むであろう。この野心のとりこになった者は、われわれの存在を許したり、キリスト教会に左程反対しなくなったりするであろう


明らかにここでは日本国内の内乱、それも政権が一気に変わるような大きな戦乱の勃発を期待した文面になっている。

暴君の生命を奪うことである」とは、信長以外の何物でもあるまい。

同時にここでは、いかにもそうした試みは実証済みといわんばかりの記述でしかないわけで、彼らの狙いというかまさにその本性が如実に現れている。

これは実に興味深い記述であって、ここから少し遡ればおのずと戦国期の本能寺の変で織田信長が倒された事例を髣髴とさるわけで、あたかも当時の明智光秀による突発的謀反そのものに彼らの思惑も十分に絡んでいたことを吐露して見せたというべきものであろう。


事実、ルイス・フロイスの「日本史」に書かれていた信長に対する彼らの評価も、始めと終わりとでは百八十度変化するわけだが、この辺りの背景も探ったら興味深い展開が出てくる。

かくて彼(信長のこと)はもはや、自らを日本の絶対君主と称し、諸国でそのように処遇されるだけに満足せず、全身に燃え上がったこの悪魔的傲慢さから、突如としてナブコドノゾールの無謀さと不遜に出ることを決め、自らが単に地上の死すべき人間としてでなく、あたかも神的生命を有し、不滅の主であるかのように万人から礼拝されることを希望した。

そしてこの冒涜的な欲望を実現すべく、自邸に近く城(安土城のこと)から離れた円い山の上に一寺を建立することを命じ、そこに毒々しい野望的意志を書いて掲げたが、それを日本語から我らの言語に翻訳すれば次のとおりである」

 「偉大なる当日本の諸国のはるか彼方から眺めただけで、見る者に喜悦と満足を与えるこの安土の城に、全日本の君主たる信長は摠見寺(そうけんじ)と称する当寺院を建立した。当寺を拝し、これに大いなる信心と尊敬を寄せる者に授けられる功徳と利益は以下のようである。
 第一に、富者にして当所に礼拝に来るならば、いよいよその富を増し、貧しき者、身分低きもの、賤しき者が当所に礼拝に来るならば、当持院に詣でた功徳によって、同じく富裕の身となるであろう。しこうして子孫を増すための子女なり相続者を有せぬ者は、ただちに子孫と長寿に恵まれ、大いなる平和と繁栄を得るであろう。

 第二に、八十歳まで長生きし、疾病はたちまち癒え、その希望はかなえられ、健康と平安を得るであろう。
 第三に、予が誕生日を聖日とし、当寺へ参詣することを命ずる。
 第四に、以上のすべてを信ずる者には、確実に疑いなく、約束したことがかならず実現するであろう。しこうしてこれらのことを信ぜぬ邪悪の徒は、現世においても来世においても滅亡するに至るであろう。ゆえに万人は、大いなる崇拝と尊敬をつねづねこれに捧げることが必要である」(ルイス・フロイス 日本史)


信長は安土城に盆山を設け、自ら神を超える存在であるとして人々に参拝を強制していた。

これに従わない和泉・槙尾寺は伽藍を焼き払らわれ、さらに高野聖さえも数百人が取り押さえられて惨殺されるという有様であった。

こうした信長の独裁者としての変貌にイエズス会やその宣教師らは驚愕したであろう。

キリシタンの武将高山右近の説得工作にも、信長は宣教師を脅して強引に協力させてもいた。

イエズス会の宣教事業の後ろ盾になってくれるという当初の楽観的予想を覆すような信長のその後の傲慢な言動に苛立った彼らの勢力が、魔王と化した信長をどこかで葬り去ろうと画策した可能性も浮上してくるわけである。


そのように信長が己の神格化を目論んだ結果どうなったか。

フロイスの次のような手厳しい記述が続いている。
信長がかくの如く驕慢となり、世界の創造主また贖主である、デウスのみに帰すべきものを奪わんとしたため、安土山においてこの祭りを行った後19日を経て、その体は塵となり灰となって地に帰し、その霊魂は地獄に葬られた」(フロイス・日本史)と、本能寺の変での最後を記している。


これら一連のイエズス会の内部文書や報告書簡を見ていると、奇しくもこれは同時代の16世紀イタリア戦国時代の外交官として生き抜いたマキャヴェリが著した「君主論」の政略的記述内容にそのまま通じるものがある。

イエズス会の宣教師は、布教の為には手段を選ばなかったということであり、当時のヨーロッパ人らは皆似たような戦略的発想をしていたことが窺えて非常に興味深いところである。





本能寺の変を真横から考える(1)

何故に光秀の戦略は潰えたのか (2)

信長は家康の暗殺を企んでいたのか(3)

イエズス会宣教師が絶賛した織田信長の所業とは(4)

何故光秀は信長に反逆したのか(5)

明智光秀の謀反の真相とは(6)

徳川家康は謀反の光秀主従をどう評価したのか(7)


光秀の戦略と大きな誤算とは何か(8)


細川家の対処から見えてくるものとは何か(9)



参考資料:
「完訳フロイス日本史」(中公文庫) ルイス フロイス (著) 松田 毅一 (翻訳) 川崎 桃太 (翻訳) 全12巻
 1 織田信長篇Ⅰ「将軍義輝の最期および自由都市堺」(中公文庫,2000年1月)
 2 織田信長編Ⅱ「信長とフロイス」(中公文庫,2000年2月)
 3 織田信長篇Ⅲ「安土城と本能寺の変」(中公文庫,2000年3月)
「織田信長合戦全録―桶狭間から本能寺まで」 (中公新書) 谷口 克広 (著) 2001
「信長の戦争 『信長公記』に見る戦国軍事学」 (講談社学術文庫) 藤本 正行 (著) 2003
戦国群雄伝 信長 秀吉 毛利 世界文化社 1996年
戦国京都・王城の地150年の英雄たち 1994年 学研
「戦国武将の参謀と異形の頭脳集団」 歴史と旅  秋田書店 1999年
「徳川創世記 家康・秀忠・家光の野望」歴史読本 1998年
「戦国武将一〇四傑」 別冊歴史読本94 新人物往来社 1998年
「秀吉天下人への道」 歴史読本 新人物往来社  1995年
歴史群像 明智光秀の野望 1992年12月号 学研
日本史史料集 笹山晴生 五味文彦 吉田伸之 鳥海靖 山川出版社 1994
日本史用語集 全国歴史教育研究協議会編 山川出版社 1994
図説日本史 啓隆社 1999
裏千家茶道のおしえ 千宗室(著) 日本放送出版 1979
「堺」豊田武(著) 至文堂 1957
「戦国武将ものしり事典」 奈良本達也監修 初版主婦と生活社  1993
戦国史新聞・乱世をスクープ! 戦国史新聞編纂委員会編 日本文芸社
「不思議日本史・歴史のウラが見えてくる」 南條範夫監修 主婦と生活社 1988 
信長と家康: 清須同盟の実体 (学研新書)
戦国の軍隊: 現代軍事学から見た戦国大名の軍勢
織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代 (ソフトバンク新書)
信長が見た戦国京都 ~城塞に囲まれた異貌の都 (歴史新書y)
戦国関東の覇権戦争 (歴史新書y)
信長軍の司令官―部将たちの出世競争 (中公新書)
上杉謙信の夢と野望 (歴史新書y)
信長と消えた家臣たち―失脚・粛清・謀反 (中公新書)
関東戦国史と御館の乱 ~上杉景虎・敗北の歴史的意味とは? (歴史新書y)
長篠の戦い (歴史新書y)
大航海時代叢書〈第11〉日本王国記・日欧文化比較 アビラ・ヒロン (著), ルイス・フロイス (著) 岩波書店 1965

「キリシタンの世紀―ザビエル渡日から「鎖国」まで」高瀬 弘一郎 (著)  岩波書店 1993
「イエズス会による対日軍事力行使をめぐる諸問題」 高橋裕史 2006
図録/南蛮美術の光と影:泰西王侯騎馬図屏風の謎 日本経済新聞社 2012
「日本切支丹宗門史 」〔著〕レオン・パジェス 訳吉田小五郎 岩波書店











東洋医学史研究会ではグループ内で代替医療関係の情報を提供いたしております。


TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 1998-2016 - DENJIBAN - All Rights Reserved

inserted by FC2 system