「こころの休憩室」


名医登場!起死回生の話



● 特設・大阪弁バージョン ● 特設・栃木弁バージョン ● 特設・名古屋弁バージョン● 特設・甲州弁バージョン
● 特設・筑後弁バージョン

東洋医学関連の古典を読んでいると、瀕死の病人を生き返らせた名医の話しとい うのによく遭遇する。中国の歴史書の『史記』(扁鵲倉公列伝)の扁鵲などはその 好例として有名である。
これらに類した名医の伝として興味深い逸話や記録が残っているので、いくつか ここで紹介してみよう。

あるとき一人の老人が通り雨にあい人家の軒下で雨宿りしていると、その傾きか けた粗末な家の中から女のすすり泣く声が聞こえてきた。 覗いてみると、母親が子供の枕元でうずくまるようにして泣いているではないか。 老人は思わず声を掛けた。
外からの突然の声に女は驚いて泣きはらした顔を上げた。老人は静かに語りかけ た。優しそうな老人の言葉に、母親は気を許して事の次第を話はじめた。

母親の話によると、子供の病状が一昨日より急に悪くなり、診てもらった医者は もう手の施しようがないと言って帰ってしまったという。子供の意識は無く命はい くばくもない様子で、もう死を待つばかりだと言って母親は泣き崩れた。

老人は気の毒に思い、自分は医術の心得がある、このまま見過ごすにはどうして も心残りだから、自分に子供の脈をとらせてはもらえまいかと言う。 老人は一通り子の脈を診ると、母親に父親の所在を尋ねた。この子の父親は既に 亡く、いままで母一人子一人で暮らしてきたという。

老人はその答えに頷くと次のように言った。 「やはりこの子の命は絶えそうである。そもそもの原因はこの子が母親の陰の気だ けを受けて育てられ、父親の陽の気に包まれなかったことによる。そのため体内の 陰陽の調和がとれなくなったのだ。一刻の猶予もない」

そこで老人は母親に起死回生の妙法を教えた。母親は、子供の命が助かるかもし れないと知って、老人の言うとおりに村中にある若衆宿へ直ちに掛けていった。 そこでは、元気盛りの若者が幾人も泊り込んで共同生活しており、そう広くもな い部屋の中は若者たちの熱気で溢れかえっていた。

母親はその部屋に駆け込むと、若者たちが遊んでいた将棋の駒をひったくるよう にして掴み取ると、すぐさま家にとって返した。
その将棋の駒を土瓶で煎じて子供に飲ませたところ、生死を彷徨っていた子供は 奇蹟的回復をみたのであった。──

ここに登場する老人こそ、朝鮮医学の集大成ともいうべき医学書『東医宝鑑』を 17世紀初頭に編纂した名医許浚その人であった。許浚という人物は家庭的には決 して恵まれた環境で育ったわけではなかった。
いわゆる妾腹の子であり、苦学して医を志したのである。逸話にもそうした許浚 自身の幼少時の境涯が反映されているのかも知れない。

なんだ馬鹿馬鹿しい、荒唐無稽の作り話ではないかと思われる向きもあろう。実 はこれによく似た名医の話が、後漢時代に活躍した華佗の伝の中にもあるのだ。

東陽県の陳叔山の一歳の男の子が下痢が止まらなくなり、次第に衰弱していった ことがあった。 方々手を尽くしたがどうしても病状が良くならないので父親が心配して、名医とし 名の聞こえた華佗のもとを遠路訪ねてきた。

華佗は一通り病状と経過を聞くと、父親に向かって詳しく説明し始めた。 「その子の母親は次の子をすでに妊娠しているはずだ。そのために母乳中に本来含 まれているはずの母親の陽の気が、おなかの胎児を養うのに多くが吸収されてしま い、その母乳は子供を養うには不十分な冷たい陰の気に偏ってしまっているのだ。 だからその子がいまのまま陰の気が充満した冷たい母乳を飲んでいる限り、この病 は回復しないだろう」と、明解な病理、病機を示したという。

中国には「名医、棺を返す」と言うような名言があるらしい。これは名医という ものは死人さえも生き返らせるのだ、といったニュアンスのものかと思うが、扁鵲 がそうであろうし、唐時代の孫思〓(五八一~六八二)の伝にも、これにぴったり 当てはまるような話が残されている。

孫思〓はある日、往診の帰りに棺を担いでいく行列と遭遇した。よく見るとその 棺の底からはぽとぽと血が滴って落ちているではないか。不審に思った孫思〓は行 列に泣きながら付いていく老婆に、いつ亡くなったのかを尋ねた。
孫思〓が医者であることが分かると、老婆は一人娘が難産で二晩苦しんで出産で きずに数時間前に死んでしまったといい、泣きながらどうか生き返らせてくれと懇 願した。

棺の蓋を開けさせると、中の若い婦人はすでに血の気が退いて顔色は蝋のようで あった。脈をとってみると、かすかに触れてくるではないか。
孫思〓はまだ望みがあると思い、素早く鍼を取り出し経穴を定めて打った。しば らくすると妊婦の気が動き、顔に血の気がさし生気が蘇ってきた。

脈が強くなるとともに、産気づき棺の中から「オギャア、オギャア」という産声 が聞こえ赤ん坊が生まれたのである。この成り行きには、周りの人々も驚き大歓声 を上げた。何と名医孫思〓は鍼一本で母子二人の命を救ったのである。

このように孫思〓は名医としての誉れ高く、今でも中国では仁術を身をもって示 した医者として尊敬を集めている。

安土桃山時代の名医といえば、我が国の医学中興の祖として知られる曲直瀬道三 であるが、その脈診の巧みさで一度に多くの人命を救ったという逸話が残っている。 道三が諸国を遍歴中、ある漁村に差しかかったとき、そこで血気のひどく衰えた 漁師を見かけた。

不審に思ってその漁師と家族全員の脈を調べたところ、いずれも精気が失われよ うとする死脈であった。(東洋の医術では死期がせまったとき現れる特有の脈証と いうのが知られている)
これには道三も驚いてしまった。何人もの者が一様に死脈というのは有り得ない ことだけに、これは恐らく天変地異の前触れに違いないとして、すぐさま山へ避難 するようにすすめた。
果たしてその夜大きな津波が漁村を襲い、またたくまに村は押し流されてしまっ た。──

・・・何やらこの逸話には深い意味が隠されているように思える。
死脈が出た以上、助けようがないのではないか。もしかしたらこの漁師の家族は 道三の言葉を無視して家から離れないまま全滅したのかもしれない。
しかし道三がここで脈診で予知しえた以上、少なくとも他の住民の多くは道三の 予知をも含めた天変地異警報診断を信じて難を逃れたかもしれない・・・。

まあここは起死回生の表題に掛けて、村人全員がかろうじて助かったということ にしておくのが無難というところであろう。









東洋医学史研究会ではグループ内で代替医療関係の情報を提供いたしております。


TOP カネマサ健康通販 電磁波過敏症対策からだ健康ネット資料館
時代小説ネット書店健康医学専門ネット書店PM2.5汚染・感染症対策PC電脳特選街HPカネマサ工房


Copyright(C) 1998-2016 - DENJIBAN - All Rights Reserved

inserted by FC2 system